男の人

様々な視点から医療機関の経営をサポートするコンサルティング会社

顧客情報を得る事

レジスター

データによる顧客への接近

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで、レジを目にしない機会はないと言っても過言ではありません。なぜなら、普段の買い物で支払いを行う際には、必ずレジを通って精算を行う必要があるからです。だが、レジというのは単に精算をするだけの機械ではありません。実は、大半のレジにはPOSシステムというソフトウェアが組み込まれています。このPOSシステムを活用する事で、販売店側に様々なメリットが生まれます。POSシステムとは、商品一つ一つをいつ、どのくらい売れたかをデータ化することを指します。現在では、飲料や食用品等にはもちろん、ありとあらゆる製品にバーコードが付いています。このシステムを導入する事で、商品の在庫を確認することが出来るため発注が容易になるという点にメリットがあります。基本的には、POSシステムで得た販売データを情報を管轄する部署へ送り、そのデータを見て商品の発注等を行うというのが仕組みとなっています。POSシステムを活用している場所は、小売りなどの店舗に限らず飲食店でも使用されています。顧客の注文したメニューをPOSシステムを搭載した端末に打ち込むことで、厨房にその情報を瞬時に知らせる事が出来ます。さらに、どのメニューが多く注文されるかをデータ化することによって経営戦略を立てる上での重要な情報にもなります。工場などにおいても、POSシステムを導入する事によって注文された商品のデータを取得する事が出来るのです。